株式会社竹屋旅館

地域と連携し、地域の魅力を引き出すことで地域を発展させると共に「ここにしかないホテル」を目指す。

この方にお話を伺いました

代表取締役 竹内 様

会社データ
住所: 静岡市清水区真砂町 3-27
電話番号: 054-366-7101
事業内容: ホテル運営事業、健康食 Medichef 事業、IoT 観光音声 Otono 事業
従業員数: 40名

詳しい情報は ▶ https://www.takeyaryokan.com/

仕事内容や働き方は?

ホテル事業、ヘルスケア食事業、観光事業(IoT音声事業)の3つを行っています。
ホテル事業では接客業務と共に主にホテル事業の企画を考えることができます。ヘルスケア食事業では食事制限中の人でも同じものが食べられ、"孤独な食卓"をなくすことのできるレシピを医師や栄養士などの地域の専門家と協力して作ることができ、観光事業では 観光客に向けドラマ型音声ガイドを通じて静岡の魅力を伝えることができます。

どのような企業を目指していますか?

旅行に行きたい都道府県ランキングが上位の都道府県は、地元に愛着を感じる都道府県ランキングでも上位なのに対し、静岡はその傾向が見られません。このような状況を改善するために、まずは地元の人たちに静岡を好きになってもらう必要があります。
私たちはホテルチェーンの勢いが増す中、地元の人に「この街になくてはならない」と思われるような「ここにしかないホテル」を創るため各事業を進化させることを目指しています。

キャリアアップ・スキルアップの道筋は?

社員たちは上記で紹介した3つの事業を行き来することができます。また、メディシェフ事業では医師や栄養士といったように様々な仕事の方と一緒に働くことができます。
また、複数の業務を兼ねることでいろいろな視点をもつことができ、それが新しいおもてなしにつながるという考えをもとに「社内副業」を認めていて、土日だけIoT音声事業で働くなどといったように自由な働き方もでき、自分にとってのスキルアップにもなります。

訪問会社に対するイメージ変化は?

私は竹屋旅館さんに訪問させていただく前は、ホテル業がこんなにも地域のことを考え地域に密着した職業だとは思っていませんでした。地域を知るために、実際にそこで仕事をしてみようということで、三保の松原で会議を開いたりするような斬新な面白いアイデアも見られました。
また、副業が可能であるなど、ホテルというと24時間の営業で 忙しいイメージがありましたが、自由に働くことのできる環境の整った企業だということが分りました。